自己投資力の事故防止力を思い知る

inowayです。

先日、画期的なTwitterツール、ツイッターブレインを購入したinowayです。

ツイッターブレイン購入秘話はコチラ

SNSの可能性と最強のツール

 

やはり、凄いですこのツール。

噂どおり半端ではありませんねツイッターブレインは。

鬼ヤバです鬼ヤバ。

もう、ほんとサーバー設置作業が鬼ヤバです。

さすがのこの私も2日間の自由時間を全て費やしましたよ(笑)

・・・まあ、費やしても出来なかったんですけどね(笑)

そもそも販売元の推奨設置サーバーじゃなく、独自にXサーバーに設置しようとしてる私が悪いんですけどね(笑)

hahaha♪

はあ・・・・

・・・いや、笑えませんよコレは。

だって、お金を出して買った商品を使用出来て無いんですよ。

しかもコレ、サーバー設置型のプログラムみたいな商品なんで実質的に『物』は存在しないんですよね。

イメージとしては電子書籍とかそーゆーのに近いんです。

つまり、いまの私の現状は物もなく、使う事も出来てない状態なんですよね。

言うなれば

『まだ箱から出せてねー』

みたいな。

それどころかサーバーアップロードとかの作業で時間ばかり使ったので時給換算したらかなり損をしています。

自慢ではありませんが10時間異常は費やしてますからね(自慢)

まあ、全ては私の身勝手、自分のせいなので販売元や商品であるツイッターブレイン自体は全く悪くないんですけどね(笑)

やっぱり、WindowsPC無しで決行したのが無理があったかなあ・・・

サーバーにファイルを一括アップロードしたり出来るFFFTPやらPPAPはたいていWindowsやマック前提ですからね。

パイナポー。

前にサイフォンスをXサーバーに設置するのはchromebookとスマホ駆使してなんとかなったんだが・・・

サイフォンスについてはコチラ

特別な日と特別な記事とサイフォンス

 

こうなったら新たに推奨設置サーバーのカゴヤサーバーをレンタルして販売元に設置代行をお願いするか・・・

時間かかるけど・・

 

くそ〜、それにしてもツイッターブレインめ〜・・・

なんて空気読めないやつだ。

私がどれだけ楽しみにしていたか・・

KY ですよKY。

いや

【空気】

【読めない】

【Twitterブレイン】

略してKYTですよ。

と、まあ自分のことを棚にあげてKYTなんて言ってしまいましたが皆さんは本当のKYTを知ってますか?

私は以前、とある部品工場の係長をしてましたのでこのKYTにはかなり馴染みがあります。

本当のKYT。

それは

【危険】

【予知】

【トレーニング】

 

略してKYTです。

 

ネットビジネスとKYT教育


inowayです。

KYTって知ってますか?

工場勤務のかたや現場作業をかじったかたは一度は聞いたことがあるはずです。

KYTの意味は

『日常に潜む危険を予知する訓練』

危険 予知 トレーニング

の頭文字をとってKYTなんですね。

日本語をそのまま使うとこが現場用語っぽいですよね(笑)

で、私は工場勤務時代に管理職だったのでKYTって言葉は腐るほど耳にも口にもしています。

教わるほうも教えるほうも経験済みですので。

inowayの工場勤務時代はコチラ

仕事と生活と私

 

KYTってのは危険予知トレーニング。

トレーニングなので、主に語尾に教育をつけることが多いです。

KYT教育ってやつですね。

内容としては例えば工場なんかで働いてたら

  • 頭上から物が落ちてこないか
  • 危険な段差はないか

などなど・・・

およそ日常的に作業してる環境や工程内にどんな危険が潜んでいるかを想定するトレーニングなんです。

まずは現状把握。

対策はそれから。

たとえ速急に有効な対策が講じられなくとも危険を想定出来ればソレを避けたり自分で身を守ることが出来ますよね。

これは別に仕事場でなくとも家庭でも同じことが言えます。

例えば洗濯物を干すときは

『物干し竿が外れて落ちてこないか』とか

洗い物をするときは

『手が滑ってお皿を落とすかも』

なんてことは家事をする皆さん考えてますよね?

これらは単純にありがちな例でしたが、このように危ないところ、危ない作業があらかじめわかっていれば危険防止につとめれます。

まあ、実際のKYT教育は危険ポイントの洗い出しのあとに対策まで考えるものですが、そこまでしなくとも危険を認識する自覚をもてるようになるだけで効果があります。

で、この考えはネットビジネスでも活かせます。

アフィリエイトやネットビジネスにおいての危険って、事故や災害とは違うイメージですよね。

実はそうゆう外的な危険というより、内的な危険ポイントが多々あるんです。

この作業でこうなったら○○円の損害。

ここでコレをしたら○○時間の損。

いわゆるリスクというものがソレにあたります。

これらはネットビジネスにかかわらず全てのビジネスに言えることです。

 

リスクマネジメントは未来への投資


リスク管理

なんとなく文字から意味は想像出来そうですよね。

なんかマネジメントって言葉がつくと会社員時代を思い出してイヤになりますが(笑)

リスクとは本来、事故や自然災害もソレにあたりますが我々アフィリエイターにとっては主に金銭的損失と時間的損失だと思います。

なにがどうなってどのように損をするかが前もってわかれば対策を講じて損失を抑えたり、出さなかったり出来るでしょう。

簡単に説明しましたが、これがリスク管理の考え方です。

要はさきほどのKYT(危険予知)と同じ理論ですね。

  • 洗濯物を干す時の危険ポイント
  • 物干し竿が物干し台から外れて落ちてくるかもしれない
  • 対策『物干し竿落下防止具を購入する』

みたいな感じのイメージです。

例としては単純ですが(笑)

で、ここに注目して欲しいのですが、この例だと危険を回避するために落下防止具を購入してますよね?

これって未来の安全に投資をしてるわけなんですよ。

投資ってのは捨て金ではありません。

やりようによっては投じた金額の何倍にもなって返ってくるビジネスです。

株しかり、FXしかり・・・

このような投資はリスクが大きく資金力がないと苦しいですが安全への投資はほぼ成功します。

なぜなら、それにより

  • 怪我をしなかった
  • 死ななかった
  • 無事だった

という結果を、投資した時点で得ているからです。

つまり、未来の自分の安全を確保する行為は未来の自分の時間を確保してることに他ならないからです。

そして、この世で最も価値がある高価なものは時間です。

お金は時間があれば生み出せますが、お金で時間は買えません。

時短は出来ても過去は戻せませんから。

 

無課金アフィリエイターの悲哀


上で述べましたが金銭的損失より時間的損失を重要視するべきです

これは金額の大小に関係ありません。

説明するまでもありませんが、1時間の損失と500万円の損失なら時給500万円以下の人間にとっては500万円の損失のほうが『時間的損失』が大きいです。

単純な数字の比較ではなく、時間換算で考える認識の話です。

ちょっと規模が大きくなりすぎましたが、ようは時間を短縮出来ることに投資するべきだってことです。

例えば日々の作業に毎日2時間かかっていたものが一回投資しただけで30分になったとしたら凄い事ですよね?

今後は毎日、1.5時間の余裕が生まれてくるのですから。

その作業で失敗したかもしれない時間も消え去ってることになります。

初心者アフィリエイターがお金をかけずにネット上で無料で手に入る情報を集め、実践する。

というパターンが凄く多いみたいですが(すいません私もその1人でしたw)そのためにどれだけの時間を失うか想像出来るでしょうか?

有料だが再現性の高い良質な情報、作業時間を大幅に削減出来る有料ツール・・・

これらに投資、購入すれば10分の1の時間で目標までたどり着け、あっという間に投資額を取り戻せたかもしれません。

さらに残念なことに、無料の情報のみをもとにした無課金アフィリエイターのほとんどが全く結果を出せずにこの業界を去ってます。

アフィリエイトって全然ダメじゃん

 

 

と、捨てゼリフを残して・・・

彼が自己投資による課金アイテムの威力で無双出来た可能性は誰にも否定出来ません。

アフィリエイト、ネットビジネスにとって時間短縮のメリットはリアルビジネスの比ではありません。

たった1人に向けたブログ記事でも公開すれば世界中の人間が同時に目にすることが出来ます。

一通のメルマガも同時に何千人にも送れます。

よくレバレッジが効くといいますがまさにコレです。

レバレッジとはテコの原理のこと。

少ない労力で最大の効果を得るビジネスモデル。

資産構築による半自動不労所得への近道。

時間短縮は労力を減らすひとつの鍵なのです。

 

自己投資力を養うには


これはもう意識レベルを変えるしかありません。

いろいろ買いまくれって言ってるワケじゃありませんよ(笑)

この業界には情報弱者、今風にいうと情弱を喰い物にする詐欺的アフィリエイターも数多くいます。

彼等は何も知らないネットビジネス初心者にとって、必要かそうでないかお構いなしに商品を買わせようとします。

そんな悪鬼羅刹から身を守るためにも正しい自己投資力を身に付ける必要があります。

簡単に言えば

  • 今なにが必要か?
  • それを手にすれば成長出来るか?
  • どれだけ時間を短縮できるか?

を重点的に考えて投資すればいいのです。

あと、ここに

『誰から買うか』

を、商品本位ではなく人間本位で見ていくようにすれば、そうそう騙されることもないでしょう。

 

最後に


と、ここまでこの内容で書いたのは他でもありません。

私自身、今回思い知ったんですよね。

購入したツイッターブレインを自己都合により出来るか出来ないかわからない状態でXサーバーに設置しようとして10時間以上損したんですよね(笑)

素直に推奨サーバーをレンタルして設置代行頼めばちょっとした出費ですでにツイッターブレインを稼働させていたはずです。

サーバーアップロードに四苦八苦して得たものは何も無いですし。

まあ、ちょっとした勉強にはなりました。

inowayは経験値10を手に入れた!

時間を10失った!

う〜ん・・・

あ!

今回の事件、

おかげでこの記事が書けた!

そしてこの記事が未来の資産になる確率・・・

100%!!!

よし!

損してないわ(笑)

 

ツイッターブレインの詳しい商品ページはコチラ

コメントを残す