無料イラスト【イラストAC

アフィリエイトの初期費用

2016年12月17日貴方がネットビジネスを始める前にアフィリエイト,ネットビジネス,不労所得,初心者,資産構築

アフィリエイトの初期費用

こんばんは。

5歳の息子が

「ほんとだ!!」

って言うのが

トン トロ!!」

に聞こえてしょうが無い inoway いのうぇい です。

お腹減った・・・

さて、気を取り直して(?)今回は実際にアフィリエイトを始めるとして気になる問題、ランニングコストについて考察します。

つまりは初期費用、始めるのにいくらかかるのかって事ですね。

アフィリエイトについてはコチラ

アフィリエイト王に俺はなる!

見てみる

クリックで飛べる目次

完全無料で出来ないの?


全くお金をかけずにビジネスを初めたい人。

けっこういますよね(笑)

何を隠そうこの私、inowayもついこの前までそうでした。

まあ、実際インターネット環境さえあればブログアフィリエイト自体は完全無料で始める事ができます。

無料のブログサービスを使えばいいだけの話ですからね。

実は世の中にはビックリするほど無料のサービスって多い物なんです。

無料ブログ、無料ホームページ、無料ゲーム、無料素材集などなど・・・

探せばキリが無いくらいこの世はフリーサービス時代です。

それらを上手く使ってアフィリエイトを展開すれば、全くお金をかけずにインターネット上に資産を構築し、自動収益化システムと言う名の不労所得を得る事だって夢ではありません。

まあ、お金以外のリスクがあるので手放しではオススメしませんが・・・

inoway が実際に使用したオススメの無料ブログサービスはコチラ

初めてのアフィリエイトに必要な最低限のこと

無料ブログのメリット


まずメリットから考えてみます。

『お金がかからない』

以上。 本当はインデックスに有利なサブドメイン使用などのメリットが挙げられますが、この記事の趣旨的に専門的過ぎるのでスルーします

それだけ?

って声が聞こえてきそうですが

『費用がかからない』

という事のアドバンテージはデカいです。

人は何かを始める時にまずリスクを考えます。

この場合のリスクとはお金です。

当たり前の事ですが、たとえ1円でも費用がかかればタダに比べれば損だと思ってしまいます。

損とはリスク、つまり使った代金以上の収入を得られない可能性があるならばリスクを背負うという事になりますね。

そして当然、リスクは避けるべき物ですから

未だ経験した事の無いアフィリエイトというビジネスで、全く稼げる保証も無いのに月々の支払いなんて出来るワケがなかろう

という至極まっとうな答えを導き出し、『無料ブログ』に手を伸ばす。

コレが普通の考えかたです。

私もそうでしたから良くわかります♪

しかしこの考え方は

『最初から失敗する事を前提にした失敗するためのチャレンジ』

であり、

『時間的、精神的リスクより小銭のリスクを優先してしまい結果として多くを失う』

という挫折者の典型的思考です。

無料ブログのデメリット


いくつか挙げます。

  • 意図しない広告が表示される
  • 突然すべてを失う可能性もある
  • 重複ペナルティの恐怖
  • 強制力の欠如

ざっとで4つです。

しかし、これらはブログアフィリエイトにとって恐るべき脅威、まさに四天王です。

意図しない広告が表示される


コレは無料ブログならではのアフィリエイト殺しです。

詳しく説明すると

自分のブログに勝手に何かの広告が表示される

現象ですね。

ハッキリ言って我々アフィリエイターにとって自分が紹介する広告、自分が選んでブログに設置した広告が命です。

アフィリエイト=広告業という観点からみれば当然ですね。

それなのに全然記事と関係無い広告を勝手に表示されては大迷惑なのは言うまでもありません。

テーマがかぶる広告でも問題です。

お客を取られる恐れが出てきます。

しかし、この『勝手に広告』はなかば無料ブログの宿命なのです。

だって考えて見てください、無料ブログサービス会社の収入源を。

おそらくその多くは『広告収入』です。

つまり、無料ブログサービス自体がその会社の全てのブログにアフィリエイト広告を設置しているのです。

『無料で使わせてやってんだからこの広告載せろや』って事です。

仕方ありませんね。

変な話ですが無料サービスもタダじゃありませんから(笑)

ちなみに1ヶ月間ブログ更新を怠ると

トップページにデカデカと

『この広告は1ヶ月間更新の無いブログに表示されています』

という半分嫌がらせのような広告を貼られるサービスが多いのですが、コレは

『資産構築型不労収入アフィリエイト』にとって大敵です。

この広告を見た読者はけっこうな確立で

このブログ、全然更新してねえ過去のブログかよ

って離れる事が多いですしね。

突然すべてを失う可能性もある


残念ですが最悪の事態です。

あなたが何年もかけてコツコツ積み上げたブログが運営会社の規約に触れたため削除されました。

これ、恐ろしい事によくあるらしいです・・・

特にブログアフィリエイトはネット上に構築した資産になりうるので、ブログ削除は失業や財政破綻に匹敵します。

なくなっちゃうわけですから当然ですよね。

このように無料ブログはアパート、借り物的なサービスなので、大家であるブログサービス会社の方針転換や経営状況次第で存在そのものが左右されるリスクを忘れないようにしてください。

重複ペナルティの恐怖


これは屈辱かつ腹立たしい事態を招きます。

世の中にはブログを書いている人はゴマンといます。

そうなれば仕方のない事なんですが

『似たような記事』

も出てきます。

まあ、多くのブロガーは他人の有益なブログ記事を読んで、いい意味でオマージュを捧げリスペクトしつつその記事内容を参考にして自分の記事を書いています。

でも、それとは違いもっと悪質な『マジパクリ野郎』がいる事も事実です。

完成された有益な記事は需要が高く、アクセスを集めやすいためパクリ記事を量産する人間もいるのです。

完全コピー記事ですね。

そうするとソレがGoogleに

『これパクリやん?』

って思われて重複サイトの烙印を押されたりします。

で、ここからが重要なんですが

もし前述のように何らかの理由で自分のブログが削除されている時に自分のパクリサイトが存在していたら、同じ内容で復活する時にオリジナルである自分のほうがパクリサイトの烙印を押される可能性が出てきます。

オリジナルなのに世間から偽物扱い、悲しいですね。

強制力の欠如


この問題はある意味で先の3つを超えるデメリットかも知れません。

いわゆるモチベーションの維持に関わる話です。

簡単にいうと

無料ブログは有料のサービスと違って

『タダなんでいつ辞めてもいい』

『使わなくても損しないので頑張らなくていい』

的な思考ロジックです。

物質的な損失ではない為に軽視されがちですが、そもそも継続出来ない事には収入にならず、途中で投げ出したらそれまで費やした時間の無駄という最悪の結末を迎えうるのです。

人間というものはそういうものなので仕方ない。

今回はダメだったけどアフィリエイトを経験できただけ得るものはあった。

いやいやいや(笑)

そんなふうに納得しても実際は3日と持たずにブログ更新しなくなり、報酬ゼロで挫折するかたは本当に多いんです。

もしかしたらそのまま何年も続けていたらそれだけで成功したかもしれません。

【継続は力なり】とはよく言ったもので続ける事自体がパワーであり能力であり資産です。

ちょっと前に世界中に旅行に行ってても不労所得で年収何億円の有名なアフィリエイターがこう言ってました。

「この業界は何年も続ければ誰でも結果が出せる」と。

私もそう思います。

そう信じてやっています。

実はノウハウと同じくらい、もしくはそれ以上大事なのはマインドです。

マインド。思考。

ネットビジネスを続けていける、その先を信じれる、結果を出せるのはそう思っている人間だけです。

そこで私はこう言うわけです。

アフィリエイト王に俺はなる!!

管理人 inoway いのうぇい

※プロフィール画像変更しました

井上 自由

英語が赤点のため入試に英語がない三流高校の土木科卒が最終学歴の二児の父。 とある工場で日々同じ作業を繰り返し何も疑問を感じず生きてきたが昇進をきっかけに全てが狂い始める。 上からの圧力に下からの突き上げ、理不尽な要求にサービス残業。 仕事とは何なのか? 働く事=我慢なのか? 生きる事の意義を見失いかけた時に思い出したのは何年も前に遊びでかじったアフィリエイトでした。 パソコン初心者からのスタートでしたが現在はインターネットの無限の可能性に人生を賭けています。

ランキング参加中です♪

あなたの応援が励みになりまくってます♪

この記事が少しでも為になった、面白かった、と思ったらクリックお願いします。

カテゴリー

第0章
私がなぜネットビジネスをはじめたか?

見てみる

第1章
あなたがネットビジネスをはじめる前に

見てみる

第2章
くじけずに続けられる至高のマインドセット

見てみる

第3章
楽しみながら継続するための簡単カスタマイズ

見てみる

第4章
これだけは絶対に知っておくべきノウハウ

見てみる

第5章
行動の指針になるオススメの教材達

見てみる

特別編
とりとめもなくテキトーに

見てみる

応援拡散お願いします

ブログランキング

facebook