私も購入しました

PPCアフィリエイトの教材が1000円
伝説のゼロワンプログラムが夢スタプログラムになって帰って来た! 付属のWordPressテーマ、煌(キラメキ)テンプレートが前から欲しかったんです(笑) 期間限定5月末まで!!

SEOってるものがちがいます

inowayです。

あ、この出だしが一番シックリ来るかも?

前々から読み手の時間に関係なく

「おはようございます」
「こんばんわ」

って書き出すのに抵抗あったんですよね。

かと言って

「どうも、inowayです」

は違和感があって・・

(前回使ってみました)

と、いうことでシンプルイズベスト!

これからは

inowayです

 

 

で始めます!!

やっぱり何でもシンプルなのがいいですよね。

難しいことって興味がない分野じゃ全く覚えれませんし。

とくに業界用語なんか

 

そんなの誰が使うんだよっ!

 

って言葉がはびこってます。

有名なとこでビジネス用語とかですね。

「なぜワザワザ英語にした?」

って言葉で溢れています。

そう言えば私が製造工場で係長になりたての頃、総務部の課長がそんな感じの言葉で質問してきたりしたものです。

「内部監査のアジェンダを用意して下さい」

アジェ? え?

「そのさいはOJT記録のエビデンスの提出もお願いします」

エビ? え?

「くれぐれもコンプライアンスに注意して下さい」

昆布? え?

「つまりね、inowayさん。計画表と一緒に教育記録とその証拠を出して下さいって言ってんの。法規にのっとった形で。わかります?」

 

いや、わからねぇよ。

 

とは言えない悲しき立場でしたが(笑)

正直、中1の時に筆記体を覚えれなくて挫折し、入試に英語がない底辺高に専願で入った私にはチンプンカンプンでしたね。

逆に

「何言ってんだコイツは」

って思ったものです。

しかし、そんな私でも必要最低限の横文字を覚えないといけない時がきたのです。

それは何故か?

その答えは・・・

【ネットビジネスを始めたから】です。

実はこの業界、専門用語の宝石箱です(笑)

  • ブログアフィリエイトを行う
  • そのために記事を更新する

このたった2工程を行うだけでも最低限、覚えておかないといけない専門用語。

いくつかあるんですが、今回はそのなかでも

SEO

について私なりの考察を交え説明します。

 

SEOってなに?

SEOとは、

  • S  Search
  • E  Engine
  • O  Optimization

サーチ エンジン オプティマゼーション

の略で、それぞれの頭文字をとったものです。

 

わかりやすく訳すと

サーチは【調べる、検索】という意味。

つまりサーチエンジンは【検索エンジン】ですね。

Googleに代表される【文字や音声で検索出来るシステム】です。

そして最後のOptimization(オプティマゼーション)は【最適化】です。

通して言うと

検索エンジン最適化

です。

なかなか語感のいい言葉ですよね?

六波羅探題墾田永年私財法天皇皇后両陛下に近いものがありますね。

さあ、みんなもご一緒に!

検索エンジン最適化!!

(関係ありませんが六波羅探題ってセクハラ短大に)

ちなみにこの言葉、SEO(検索エンジン最適化)はマジでテストに必ず出るくらいの知名度なのでアフィリエイトのみならずネットビジネスに関わるなら絶対覚えてて下さい。

読み方は一般的に

エス イー オー

です。

ちょっとかっこつけすぎですよね?

ですので私はもっとラフに

 

セオ

 

 

って読んでます。

こう呼ぶとなんだか返事をしてくれそうな気がしませんか?

まあ、ホントは初めて

SEOって文字を見た時に

セオって読んでしまってずっとそのまんま覚えてしまっただけなんですが。

 

 

検索エンジン最適化って?


ようするに

検索した時の結果を最適なものにするってことです。

例えば

『アフィリエイト』って言葉で検索して

検索結果の上位に表示されればそのサイトはかなり検索エンジンに対して最適化できている。

という事にないます。

『アフィリエイト』って言葉はけっこうなビッグキーワード(検索される回数が多い)なのでコレで上位表示されるなんて相当なモノです。

検索回数が多い言葉で上位に表示されるって事は当然アクセスも多くなります。

そのサイトがなんらかのキャッシュポイント(収入を得る仕組み)を用意していたら莫大な利益をあげれる可能性もありますよね?

それがSEOの効果で得られるのなら、いかにSEOが重要なものか理解してもらえると思います。

 

SEOのやりかた


具体的には2つの方法と種類があります。

すなわち

 

内部的SEOと外部的SEO。

この言葉だけで内容が少し予想できると思いますが以下に詳しく説明します。

 

内部的SEO


サイトやブログの内面に検索エンジンに上位表示されやすい施策をほどこすことです。

具体的にはブログのCSSやらのプログラムちっくな所にSEO的に有利になる能力を付与することです。

なんだかRPGの呪文の説明みたいに抽象的な表現になってしまいましたが、このへんは専門知識がないと説明も理解も難しい部分です。

要は検索エンジンの代表であるGoogleが推奨する規格や内部処理を施すってことです。

ちなみにココを突き詰めるのは素人では無理なため、最初からそーゆー対策がとってあるブログサービスやカスタムテンプレートを使用するかしたほうがいいと思います。

しかし、もっとも有用な内部SEOは記事やコンテンツのレベルを上げ、読者のニーズに応えて有益な情報を発信し続けることです。

かなり難しいような気がしますが、専門知識のない素人でも努力しだいで上位表示が出来る王道戦略ですので、ここを目指して行くのが最良の道です。

読者のニーズと言っても

『学術書のように難しい内容』や

『大物芸能人による爆弾発言』

とかの限定された人だけが発信する情報でなくともかまいません。

独自性があり、

『面白い』と感じられるサイトなら自然と検索結果が上がるものです。

Googleの検索エンジンの価値判断基準は日々進化しており、そういった記事、コンテンツを優遇します。

まあ、検索して上位にCMだらけのゴミサイトばかり表示されたら誰も検索しなくなるので当然ですが(笑)

 

外部的SEO


外部という名のとおり、外側から対策するSEOです。

その中でも効果があると言われているのはリンクです。

リンクを貼られるという事は、そのサイトに価値を見出し紹介してるという判断です。

そのため、昔は皆さん、コミュニティを作って協力したり自動被リンクツールなどを使いまくってたそうです。

メインであるブログにいろんなとこからリンクを貼りまくり(貼ってもらう)強制的にブログの価値を上げて検索エンジンに優遇される作戦ですね。

しかし、今は内部SEOの項で述べたように、検索エンジンの価値判断基準が変わり、本当の実力をもつ有用なサイトでなければいくらリンクが多く貼られていても優遇されなくなってきています。

やはり、王道である手法、

『記事やコンテンツのレベルを上げ、読者のニーズに応えて有益な情報を発信し続けること』

で上位表示を目指すべきですね。

 

私のSEO


ここまで偉そうに書きましたが、私自身はそれほどSEOに情熱を注ぎ込んでません。

そりゃ、ビッグキーワードで上位表示されまくり、片手ウチワでウハウハなのには憧れますが(笑)

なんていうかその、SEOが目的になってはいけないと思うんですよね。

できうる限りの手段を尽くして集客し、マーケティングを極めようとする人を否定しませんし、むしろ尊敬しますが(悪質な詐欺手法はもちろんNGですよ)そこまでやるのは大変ですし、お金も時間も使いそうです。

それに、家族や友人、私に付いてきてくれる人を全てフォローしたいので手が届く範囲を超えるのはまだまだ先でいいかなとも。

まあ、ぶっちゃけ

難しい事は面倒くさい

って性分なので、自分が好きな興味のある内容を出来うる限り独自目線で発信出来れば結果が付いてくるってゆう王道戦略でやっていきます。

大企業なんかとはSEOってるものが違いますからね(笑)

2 Responses to “SEOってるものがちがいます”

  1. おはようございます。はじめまして、トシカズと申します。
    とっても面白くて、わかりやすくて、イイブログですね!
    また、訪問したくなりますので、また来ますね。応援していきます。

    • inoway より:

      トシカズさん
      はじめましてinowayです

      お褒め頂き恐悦至極の極みです(二重の極み)

      >面白くて
      >わかりすくて
      >イイブログ

      最高の五七五いただきました!!

      この俳句と焼き肉があれば御飯何杯でもいけそうです♪
      これからもトシカズさんに喜んで貰えるよう頑張ります。
      ありがとうございました!

      ps なぜかスパムコメント判定になってて返信が遅れたことは秘密です

コメントを残す