絶望と希望と私

絶望と希望と私

アボカドをアボガドだと思っていました。 皆さんこんばんわ。アボガド大好きinowayです。 六話に渡ってサラリーマン時代の(嫌な)思い出を語りましたが、取りあえず今回が最終章です。 もう飽きているでしょうがかまわず突き進みますので宜しくお願いします。 さて、 己の実力の無さ、置かれた立場、周りの環境と全てが絶妙なハーモニーを醸し出し

続きを読む